時 計 用 語

時計修理TOP>時計用語

時計修理の説明

  1. 分解掃除(オーバーホール)

    作業は分解→洗浄→組立→注油という流れで行います。分解掃除の時期は3年に一度と言われていますが、時計や状態によりさまざまです。年数の経っている時計では1年位で油が切れてしまうものもあります。クォーツ式は、電池寿命が極端に短くなって来ます。

  2. 防水テスト

    その時計の防水精度が維持できているかテストします。特にダイビングをされる方には必ず必要となります。

時計(文字板・裏蓋)に記載されている文字の説明

QUARTZ
(クォーツ)
■水晶
アナログでもデジタルでも電池で動いている時計はほとんど水晶振動子の振動を使って時刻を表示します。
AUTOMATIC
(オートマティック)
■自動巻きの時計(機械式)
毎日腕に付けていれば腕の動きでゼンマイが自動的に巻ける仕組みです。
CHRONOGRAPH
(クロノグラフ)
■ストップウォッチ付の時計です。
CHRONOMETER
(クロノメーター)
■クロノメーター規格。
スイスのクロノメーター検定協会の試験にパスした時計に与えられる称号  温度差や時計の姿勢差(傾き)によるテストを行います。
WATER RESISTANT ■防水表示
この場合は生活用防水機能がついているという意味です 又、この文字の後ろに防水精度の数字が記載されます。
PERPETUAL
(パーペチュアル)
■「永久に」という意味です。
パーペチュアルカレンダーとは月末自動修正する時計。 ロレックスの場合は自動巻のことを指します。
TACHYMETER
(タキメーター)
■タキプロダクトメーター。
一定区間(通常1km)の平均時速を計る機能です。
INCABLOCK
(インカブロック)
■機械式時計での耐震装置の種類。
耐震装置が付いていない時計は、天芯が衝撃で折れてしまいます。 (現行品の時計にはほとんど付いてます)他にダイアショックが有ります。
17JEWELS ■17石
機械式時計に入っている石(ルビー)の数。手巻17石、自動巻21石が標準で 摩擦によって地板、歯車の芯が磨り減るのを防ぐ役割をします。
ALTIMETER ■高度計
気圧の変化を測って高さを表示します。
AGS
(AUTOQUARTZ・KINETIC)
■自動巻発電(クォーツ式)
腕の動きで発電をし、自動的にバッテリーに充電する機能です。
DATEJUST ■夜12時、瞬時に日付が変わる機能(ロレックス)

時計ケースの素材

ステンレス(SS) ■錆にくい鉄という意味で時計ケース、バンドなど一番多く使用されている金属です。
ゴールド(G) ■金は一番錆びにくい金属です。又、時計の場合K18(18金)が一般的です。 18÷24(75%)が金であり、混ぜる金属により色が変わります。

イエローゴールド(金75% 銀12.5% 銅12.5%)
ホワイトゴールド(金75% パラジウム25%)
ピンクゴールド(金75% 銀4% 銅19% パラジウム2%)
グリーンゴールド(金75% 銀25%)など

K18GP・K18GFの表示は金メッキ・金張りなので無垢ではありません。

プラチナ(PT) ■非常に高価な素材なので主に高級時計に使用されています。 Pt900などと表示(90%がプラチナ)
シルバー(SV) ■プラチナ、ゴールドと比べると価格は安く プラチナよりも黄色っぽく光ります。
チタン(TI) ■軽量で耐久性に優れた金属です。
超硬 ■非常に硬くキズつきにくいが衝撃で割れてしまうという欠点があります。

時計風防(ガラス)の種類

プラスチック ■アンティークの時計に付いているものはほとんどはプラスチックです。 キズ付きやすいが多少のキズは簡単になおります。
ミネラルガラス ■一般的に使用されているガラス
サファイヤガラス ■人工サファイヤのガラスで高価 透明度が高く、硬くキズつきにくいガラスです。

その他の時計用語

パワーリザーブ ■ゼンマイの残量を表示する機能
ムーンフェイズ ■月の位相
月齢(月の満ち欠け)を表示する機能です。
トゥールビヨン ■機械式時計の姿勢差(時計の傾きによる狂い)を少なくする為考えられた機能です。
レギュレーター ■時針、分針、秒針が別々に付いている時計
ミニッツリピーター ■時打ち時計
夜時計が見えなくてもボタン(レバー)を押すことで、時刻を音で鳴らす機能。
ルミブライト ■高輝度蓄光塗料
明りを蓄えて暗い所でも光る塗料

精密工具・機器販売
精密工具・機器販売をしております。
専門的な工具・機器を取り揃えております。
時計専門工具販売
時計専門工具販売をしております。
時計修理専門店ならではの品揃えです。